hairi

髪を早く伸ばしたい!短い時間でより髪を早くのばす方法とは?

約 8 分

切れ毛&枝毛のヘアケア方法記事の説明用画像

髪の毛を切りすぎた…。

長い髪にしたいから早く伸びて欲しい!
髪型をショートにしてみたけど、やっぱりロングの方が良いなっと思った。
などなど。そんなお悩みはよくあることだと思います。

髪を早く伸ばすためには、どのようなことが必要になるのでしょうか?

ここでは、髪をできるだけ早く伸ばす方法をご紹介します。

それでは、順を追って詳しく見ていきましょう。

髪の毛が伸びるのにかかる時間は?

髪を早く伸ばす方法の記事の説明用画像

そもそも、髪が伸びるまでにはどのくらいの時間がかかるのでしょうか?

髪の毛が伸びるのにかかる時間は、人それぞれ違いがあるといわれています。

日本人の髪は、平均で1日に0.3mm~0.4mmの速度で伸びているとされ、健康な毛ならば1mm長くなるのに3日、1cm長くなるのに1ヶ月程度かかるとされています。ということは、1年では約12cm長くなるということになります。

ですが、このスピードは毛が健康的に成長していった場合の標準的数値であり、環境や生活スタイル、ストレスなど、その人が受ける様々な要因によって毛の成長するスピードにも差が生じてきます。

また、男性と女性とでは、女性の方が伸びるスピードが速いといわれています。それは、女性ホルモンが影響しているためです。

女性ホルモンの一種であるエストロゲンには、女性らしい体を作る働きの他に、髪の毛の成長を促進させる働きや、成長期間を持続させて抜け毛を予防する働きなどがあります。そのため、エストロゲンを分泌することができる女性の方が、男性よりも毛の成長が早いのです。

美容室で前髪を切ってもらっても、しばらくすると伸びてしまって目にかかってしまうため、そのたびに、「なんでこんなに髪が伸びるのが速いのだろう?」と、疑問に思う人もいるのではないでしょうか。

そもそも髪の毛は何でできている?

髪を早く伸ばす方法の記事の説明用画像

髪の毛について考えていると、「そもそも髪の毛は何からできているの?」という素朴な疑問があるかもしれません。

それでは、髪の毛は、何でできているのでしょうか。詳しく見てみましょう。

髪の毛はたんぱく質

髪の毛は、ケラチンと呼ばれるたんぱく質からできており、その割合は髪の毛を構成している成分の約80%~90%を占めています。

それ以外の構成成分としては、水分が約11%~13%、メラニンが約4.5%、脂質が約1%~6%となっています。

ケラチンは、水分を含んでおり弾力性に優れた繊維状の成分で、構成しているアミノ酸の含有割合によって髪や爪を構成している硬性タイプ、皮膚の角質層などを構成する軟性タイプに分類されます。

アミノ酸が18種類

この構成成分であるアミノ酸は、1種類ではなくなんと18種類にも及びます。

18種類の中で最も含有割合が大きい成分がシスチンという物質で、全体の約14%~16%を占めています。次いで、グルタミン酸が約15%、ロイシンが約11.3%と続きます。普段、何げなく触っている髪の毛1本には、18種類のアミノ酸が複雑な割合をなして構成されているわけです。

たんぱく質というと、肉類や豆類に多く含まれているため、人間の体では主に筋肉になるというイメージが大きく、髪の毛を構成するのにも必要不可欠な成分なのです。



髪の毛をできるだけ早く伸ばす方法とは?

髪を早く伸ばす方法の記事の説明用画像

先ほど述べたように、髪の毛は平均で1日に0.3mm~0.4mm程度伸びます。しかし、伸びるスピードには個人差があるため、中には伸びが遅い人もいます。

できるだけ早く伸ばすためには、まずは最初に毛が伸びるメカニズムを知っておきましょう。

毛が伸びるメカニズムとは?

毛は、皮膚の中に埋まっている毛根部分と、皮膚から出ている毛幹部分に分けられます。このうち成長と共に伸びるのが毛根部分になります。

毛根の元には毛球と呼ばれる丸みを帯びた部分があり、この毛球の中には毛母細胞という毛を作り出す細胞があります。

毛球の中では、毛母細胞が毛乳頭から栄養分を供給されることで活発に細胞分裂を起こし、毛を成長させていきます。

細胞分裂を繰り返して増殖した毛母細胞は、成長と共に皮膚の上へと押し上げられて角化し、やがて髪になっていきます。

これが、毛が伸びるメカニズムです。

一度生えた毛は、一定の期間を経ると自然に抜け落ちていきますが、その期間は毛の生える部位によって決まっており、髪の毛の場合、女性は平均4年~6年が1サイクル、男性は平均3年~5年が1サイクルとなっています。

髪の毛をできるだけ早く伸ばすためには、毛母細胞の働きを活性化させて細胞分裂を促進させることが必要です。

髪の成長を妨げる原因とは?

成長スピードは年齢の他にも、生活習慣や食生活、精神状態、飲酒・喫煙などによっても大きく左右されます。

経験があるという人もいるかと思いますが、睡眠不足が続いたり、飲み過ぎた翌日には抜け毛が気になったり、髪の毛がパサついてまとまりが悪くなっていたり…。

また、ストレスを感じていた時には、髪の毛をとかすとブラシに大量の毛が付いていたという経験をされたことがある人もいるのではないでしょうか?

このことからも、毛の成長は様々な要因に影響されるということが分かります。

毛母細胞を活性化させる方法とは?

毛母細胞を活性化させる方法としては、次のような方法があります。

  • 頭皮マッサージ
  • 頭皮環境と整える
  • 育毛剤を使用する
  • 亜鉛を積極的に摂取する

これらは、私生活の中で取り入れるホームケアです。

毛母細胞を活性化させるためには、栄養分を細胞に供給する必要があります。この栄養分は血液によって運ばれることから、頭皮マッサージで血流を良くすることが大切なのです。

血行を良くすることで毛母細胞にもスムーズに栄養が供給されるため、細胞分裂も活発になり毛の伸びるスピードが速くなります。

効果的な頭皮マッサージとは?

頭皮マッサージを行う際には、育毛剤を一緒に使用すると更に効果的です。

育毛剤と言うと、薄毛の人が使用するものというイメージがありますが、育毛剤は発毛を促す薄毛治療薬とは異なり、頭皮環境を整えて毛が成長しやすくする頭皮ケア製品です。

つまり、毛のない頭皮に毛を生やすのではなく、今生えている毛に栄養分を与えて元気にさせることを目的にしています。

育毛剤を使用して頭皮マッサージをすることで、毛の成長をより促進できるため、早く伸びやすくなります。

「育毛剤には毛を早く伸ばす効果があるのか?」という疑問があるかと思いますが、「頭皮の血行を促進させる効果があるので、継続的に使用することで健康な毛を育てることが期待できる」というものです。

頭皮環境を整えるために

頭皮環境を整えることも毛を早く伸ばすためにはとても大切です。

マッサージで頭皮を柔らかくしたら、刺激の少ないシャンプー・コンディショナーを使用しましょう。頭皮環境を整えるのに効果的な育毛シャンプーを使用するのもおすすめです。

また、育毛トリートメントをすることで、頭皮環境を整えて毛の内部まで栄養を与えることができます。

頭皮と毛を畑で例えると、美味しい作物を育てるための大切な土が頭皮にあたります。栄養分が豊富な土では、美味しく元気な作物が育ちます。しかし、痩せた土では、病気がちになり作物が上手く育ちません。

頭皮もこれと同様で、柔らかく血行の良い頭皮には、元気で抜けない丈夫な毛が育ちますが、頭皮が固く血行の悪い状態では、細く弱々しい毛が少しだけ生える程度です。しかも、生えてもすぐに抜けてしまうことが多いです。頭皮ケアを行うことは、毛を早く伸ばすための近道でもあります。

亜鉛の摂取が効果的?

その他の方法としては、栄養バランスの取れた食事に心掛けることです。特に亜鉛を多く含む食べ物を積極的に摂取するのがおすすめです。

亜鉛は、たんぱく質の合成に欠かせないミネラルで、毛の成長を促すためにも摂取したい栄養素です。

毛の構成成分はケラチンタンパク質が全体の80%以上を占めています。そのため、ケラチンが不足すると毛が構成されないため成長できないことになります。亜鉛にはたんぱく質の合成をサポートする働きがあります。

亜鉛を多く含む食材としては、牡蠣・煮干し・レバー・チーズ・ナッツ類などがあります。亜鉛の摂取推奨量は、男性で1日10mg、女性で8mgです。牡蠣ならば男性で約4個、女性で約3個となります。

毛の成長を阻害する喫煙・飲酒は避け、ストレスはなるべく溜めないようにすることが大切です。

髪の毛を綺麗に伸ばすために必要な栄養素については、「髪を綺麗に早く伸ばすために良い栄養素と具体的な食べ物とは?」の記事も見てみてくださいね!

おわりに

髪を早く伸ばす方法の記事の説明用画像

髪の毛を早く伸ばす方法としては、

  • 頭皮マッサージで血流を良くする
  • 育毛剤で頭皮環境を整える
  • 栄養バランスの良い食事に心掛け、特に亜鉛を積極的に摂取する
  • 十分な睡眠をとる
  • 育毛シャンプー・コンディショナー・トリートメントを使用する
  • 髪が伸びない要因(飲酒・喫煙・ストレスなど)は避ける

などのホームケアを継続させることです。

髪は、毛母細胞が活発に細胞分裂を繰り返すことで成長していきます。

細胞分裂には豊富な栄養分が必要であり、その栄養分を供給するのが血液です。血液の流れが滞っていると、十分な栄養が細胞まで届かないため毛の成長にも影響が出ます。

また、毛を構成しているたんぱく質の合成を促進させるのが亜鉛です。不足しがちな亜鉛を積極的に摂取するのも、髪の毛を早く伸ばすためには効果的です。

髪を早く伸ばしたいと思っている人は、普段の生活に今回紹介したようなことに気をつけていれば今よりも早く髪が伸びるでしょう。



☆lineで新着情報をお届けします☆ 登録お願いします!!