hairi

シャンプー選びは成分が重要! 高級アルコールシャンプー、アミノ酸系シャンプーの違いを成分から見てみよう!

約 6 分

高級アルコールシャンプーとアミノ酸系シャンプーの成分比較の記事の説明用画像

みなさんは頭を洗う時にどんなタイプのシャンプーを使用しているでしょうか。

現在数多くの商品が販売されていますが、配合成分によっても実に様々であり、シャンプーの種類によっては自分の頭皮にとって良くないものもあるとされています。

特にアルコール入りのものは避けた方が良いとされています。

そこで、配合成分によってどんなものが良くてあるいはいけないのか今まで特に色々考えずに使用していた人もこの機会にじっくり考えてみましょう。

それでは順番に見ていきましょう!

高級アルコールシャンプー、
アミノ酸系シャンプーの比較

高級アルコールシャンプーとアミノ酸系シャンプーの成分比較の記事の説明用画像

ではまず、あまり良くないとされている高級アルコールシャンプーと、頭皮や髪の毛に優しいとされているアミノ酸系シャンプーの成分表を見てみます。

どんなものが配合されているのかを比べながらどれだけ違いがあるのかについて見てみましょう。

高級アルコールシャンプーの成分について

高級アルコールシャンプーに配合されている成分の特徴としては硫酸系の成分が入ったものが多いとされています。

見分け方としてはラウリル硫酸Naやラウリル硫酸アンモニウム、ラウリル硫酸TEAやラウレス硫酸Naといった成分がかかれているシャンプーは高級アルコールシャンプーと判断してよいと言えます。

つまり、「ラウリル」と「硫酸」という言葉がつけばだいたい高級アルコールシャンプーと考えて良いと言えるかもしれません。

ラウリル硫酸Na ってどんな成分?

ではラウリル硫酸Naといった成分がどういったものなのかというといわゆる界面活性剤であり、アルコールから作られた界面活性剤のことを指します。

界面活性剤は汚れを強力に落とすのに必要な成分でもあるため、ほとんどのシャンプーには配合されているものなのですが、実はこの界面活性剤がたくさん入り過ぎていると洗浄力が強すぎるために髪の毛を傷めてしまうことにつながるとされています。

高級という名前がついているので良いものなのかと思われがちですが、実は高級というわけではなく、むしろ安く作れるからこそ市販のシャンプーには必ずと言っていいほど含まれているとされています。

もちろん、界面活性剤が入っているからこそ泡立ちが良くしっかりと汚れを落とすことが出来るので良いのですが、髪の毛が痛むだけでなく頭皮が乾燥しすぎることによって皮脂分泌が過剰になり頭皮環境が悪くなる原因にもなるとされています。

強めの洗浄力なのでさっぱりとした洗い心地が好みの人には良いとされているのですが本当に髪の毛や頭皮のことを考えたらあまり良くないとされているのです。

特に機能と価格のバランスの面を考えると高級アルコールシャンプーほどバランスの良いシャンプーはあまりないとされているので使用している人は多いとされているのですが、髪のパサつきや乾燥が気になる、頭皮が常にかゆいなどの症状がある人は明らかに髪の毛や頭皮に摂って刺激が強すぎることによってそういった状態となっていることから使用するのを控えた方が良いと言えます。

アミノ酸系シャンプーの成分について

今度はアミノ酸系シャンプーに配合されている成分について見てみましょう。

アミノ酸系シャンプーは非常に種類が多いのでどれを選んでよいのかわからないという人も多いかもしれませんが、メーカーの多くはアミノ酸系であることをうたい文句に販売しているので探しやすいという特徴もあります。

これが入っていればアミノ酸系シャンプーという成分としては、グルタミン酸、アラニンやタウリン、グリシンなどこれ以外にもアミノ酸の種類はあるとされています。

アミノ酸系シャンプーのメリット

アミノ酸系シャンプーには高級アルコールシャンプーに配合されているような界面活性剤を配合せずにアミノ酸系の成分を洗浄成分として使用しているので高級アルコールシャンプーに比べると泡立ちが悪く洗った気がしないという人もいるようですが、弱酸性で髪に優しく低刺激なところがメリットとされています。

その理由としては、アミノ酸は人間の体のありとあらゆる部分に関わっている成分であり髪の毛や頭皮にとってはなじみが深いために自然な洗い上がりで髪の毛や頭皮を健やかにするだけでなく保湿性にも優れているので乾燥やパサつきなどが気になる人にもおすすめと言えます。

若いときはどんなシャンプーでも良くても、年々年を取るごとに髪の毛の成分やハリ、弾力なども失われていくとされていますのでいつまでもハリと弾力のある髪の毛を維持したいのであればアミノ酸系シャンプーが良いと言えます。



おすすめのアミノ酸系シャンプー

アミノ酸系シャンプーでおすすめといえばオーガニックのアミノ酸系シャンプーのものがおすすめと言えます。

オーガニックは化学肥料や農薬を使用することなく作られた植物の、自然由来のものを配合していますので髪の毛や頭皮に優しいだけでなく体にも良いとされています。

オーガニック系のものは洗浄成分の質が悪いと言われるものもあるとされていますが、中にはオーガニック系でもしっとりとまとまる髪を維持できるシャンプーもあるとされています。

なぜかというと、やはりアミノ酸の力によって髪を保湿して優しく洗い上げるところに理由があると言えるでしょう。

ただ、洗浄力については弱いと感じることが多いので今まで高級アルコールシャンプーを使用していた人はかなり物足りないと感じることもあるかもしれません。

しかし、髪の毛や頭皮のことを考えたら同じ弱酸性で、もともと体にも存在するアミノ酸を使用しているシャンプーが良いというのは明白と言えるでしょう。

おすすめのシャンプーについては、「アミノ酸シャンプー選びの参考! おすすめのアミノ酸シャンプー10選」の記事を参考にして見てくださいね。

アミノ酸系シャンプーのデメリット

一つデメリットがあるとすれば高級アルコールシャンプーに比べて価格が高いことです。

数多く存在するアミノ酸系シャンプーの中でも、価格を抑えるためにアミノ酸の配合を少なくしているものもありますが、髪の毛に良い影響を与えるアミノ酸が十分に配合されているものはやはり非常に価格が高いものもあるとされています。

価格の高い安いを取るのか、あるいは髪の毛や頭皮に良いことを取るのかは、あとは好みとも言えますが、年を取るごとにパサつきや乾燥、まとまりのなさが気になるといった人は少し価格が高くてもアミノ酸系シャンプーを試してみるのが良いと言えます。

逆に、髪の毛のボリュームは欲しい人や髪がすぐベタッとしてしまう頭皮がオイリー系の人はアミノ酸系シャンプーだと物足りない、洗い足りないと感じるかもしれませんが、髪の毛に良いのは確かですので一度試してみてどのような感じになるのか実感してみるのも良いでしょう。

アミノ酸系シャンプーについての詳しい記事、「敏感肌に悩む人にもおすすめ! 髪と地肌に優しいアミノ酸系シャンプーとは?」も参考に見てみてくださいね!

おわりに

高級アルコールシャンプーとアミノ酸系シャンプーの成分比較の記事の説明用画像

オーガニック系でアミノ酸系なら、頭皮や髪の毛に優しくしかも体にも良い天然素材100%ですのでお子さんや家族全員で使ってみても良いと言えます。

また、アミノ酸系でも髪の毛にくっつき、コーティングするようなシリコン系もあまり良くないとされていますので、オーガニックでアミノ酸系、そしてノンシリコンのものを選ぶのが最も髪の毛に良いと言えます。

髪の毛や頭皮環境が悪い状態だと、抜け毛や薄毛にもつながってしまいます。すでに症状が出ている場合にはシャンプーを変えてみるのも一つの選択だと言えるでしょう。

髪の毛や頭皮のためにも一度使ってみましょう!



☆lineで新着情報をお届けします☆ 登録お願いします!!