hairi

サラサラの髪に憧れる! 髪の毛をサラサラにする日々のヘアケア方法

約 10 分

髪の毛をサラサラにする日々のヘアケア方法の記事のトップ用画像

誰でもサラサラなきれいな髪の毛に憧れを持っているものです。

どうすれば理想のきれいな髪を維持することができるのか。

それは女性にとって永遠の課題と言えるでしょう。

実は、毎日のお手入れをきちんとしていれば、それほど難しいことではないのです。

お手入れの基本は、洗髪した後の乾かし方や正しいブラシの使い方といったごく当たり前のことをきちんとすることなのです。

具体的にどんな方法があるのかをご紹介します。

それでは、順番に見ていきましょう。

1.シャンプー・トリートメントの方法

髪の毛をサラサラにする日々のヘアケア方法の記事の説明用画像

ここでは、シャンプーからトリートメントまで、髪を綺麗にサラサラにするために必要なやり方をご紹介します。髪の洗い方はヘアケアでも重要なポイントなので是非、マスターして日々のシャンプー時に心がけましょう。

シャンプーの仕方に関しては、「美容師もおすすめ! 正しいシャンプーのやり方とは?」の記事でも詳しく紹介していますので参考にして見てくださいね。

①シャンプー前にブラッシング

シャンプーの前にしっかりブラッシングをすると、絡みついた部分の髪をほぐし、髪の毛についた埃を落とし、皮脂や老廃物などの汚れを浮かせることができます。

そして、シャンプーだけでは落とせないような汚れまでしっかりと落とすことができるのです。

また、シャンプーやコンディショナーの有効成分が髪に浸透しやすくなります。

②シャンプーは必ず夜にする

毛髪は寝ている間に成長します。

ですから、日中の間についてしまったフケや垢、埃といった頭皮の汚れは夜に落として清潔にしておかなくてはなりません。

頭皮を清潔にしてから就寝するというのがサラサラのきれいな髪のための基本なのです。

③髪に刺激の少ないシャンプーを使う

髪に優しいノンシリコンシャンプーなどを選ぶことで、滑らかで自然な髪質の保持に効果を発揮します。

また、髪質から変えたいのであれば石鹸シャンプーの使用も効果的です。

なお、洗浄力の強さを重要視したタイプのシャンプーは、髪に必要な脂分まで落としてしまうので余計にパサつきが出てしまったり、頭皮が傷んでしまうこともありますので要注意です。

おすすめのシャンプーはアミノ酸系シャンプーです。「敏感肌に悩む人にもおすすめ! 髪と地肌に優しいアミノ酸系シャンプーとは?」の記事を参考にして見てくださいね。

④シャンプーは地肌を洗う

きれいな髪は健康な頭皮から育つものです。

頭皮は毛髪を育てるための、いわば土壌です。

まずは、頭皮に38℃くらいのぬるま湯をかけてもみ洗いをします。これによって皮脂が落ちて毛穴が開いていきます。

次に、少量を手にとって絶対に爪は立てずに指のはらで頭皮をマッサージします。

下から上に向かって手を動かします。爪を立ててしまうと髪や頭皮を傷つけてしまいます。頭皮を指のはらで優しくほぐしながら洗うことで不要な汚れを浮かします。

シャンプーで不必要な皮脂などの汚れをしっかりと丁寧に落とすことがサラサラした髪のために大切です。

⑤シャンプーをしっかりと流す

洗う時間の2倍以上の時間をかけてしっかりと流します。

髪や頭皮にシャンプーが残っていると、傷みや臭いの原因になってしまうからです。

⑥コンディショナーの使い方

シャンプーを充分に流したら、コンディショナーをつける前にもう一度ブラシで髪をとかします。

コンディショナーは、頭皮ではなく髪の根元から毛先に向かって髪だけに揉み込むイメージでつけていきます。

そして髪の毛全体に充分に揉み込んだら、シャンプー以上にしっかりと洗い流します。

⑦トリートメントは水分を拭ってから毛先に

トリートメントをする前にタオルドライで水分を拭い取ります。

水分を取ることでトリートメントの浸透力が増加します。

また、タオルドライは雑菌の繁殖を抑える効果もあります。

再度ブラシをしてから、痛みやすい毛先を中心に揉み込むようにつけていきます。

トリートメントは、地肌に付着しないように丁寧に髪だけにつけます。

地肌にトリートメント液がつくと頭皮トラブルの原因になる可能性があります。

コンディショナーとトリートメントを併用する場合、シャンプーの後にトリートメント、コンディショナーの順番で行う方がより効果的です。



2.ドライヤーのかけ方と乾かし方

髪の毛をサラサラにする日々のヘアケア方法の記事の説明用画像

ここでは、ドライヤーを使った髪の乾かし方についてご紹介します。

ドライヤーは熱を発するのでどうしても髪に良いとはいえません。

しかし、髪を乾かさずにいると髪が臭くなったり、頭皮が痒くなったりするので、髪の乾かし方をマスターしてできる限り髪への負担を軽減させることを心がけましょう。

髪の乾かし方に関して、「髪の乾かし方、今さら人に聞けない正しいやり方!」の記事でも詳しく紹介していますので参考にして見てくださいね。

①ドライヤーは距離を離して短い時間で

15cmくらい離した位置から、一点に集中しないように左右に小刻みに揺らしながらかけることが基本です。

②ドライヤーの温度は60℃以下にすること

ドライヤーを髪に近づけ過ぎると高温が髪に必要な水分まで奪ってしまいます。

髪の成分であるケラチンはタンパク質なので60℃以上の高温によって熱変質を起こしてしまいます。

③冷風で頭皮から毛先まで冷やす

髪の毛はしっかりと乾かしましょう。洗髪後は自然乾燥はせずに早めに乾かしましょう。

濡れたまま放置するとキューティクルが落ちやすい状態となってしまいます。

キューティクルがはがれた髪の毛は潤いが保ちにくくなります。

乾いた後は冷風を当てることで、頭皮の余分な皮脂の分泌を抑え、高温によるダメージを防ぐことができます。

3.正しいブラッシングの方法

髪の毛をサラサラにする日々のヘアケア方法の記事の説明用画像

ブラッシングは髪を梳かし、髪をサラサラにするために重要なポイントとなります。

ここでは、正しいブラッシングの方法をご紹介します。

普段何気なく行っているブラッシングをここでご紹介するやり方を日々のブラッシングに取り入れてみましょう。

①ブラシの選び方

サラサラした美しい髪を目指すにはブラシの選び方が重要です。

豚毛や猪毛の木製で目の粗い毛先がやわらかいタイプがおすすめです。

適度な水分と油分が含まれたものが望ましく、可能であれば椿油がしみたものがベストです。

豚毛や猪毛は静電気が起きにくいと言われています。

ナイロンやプラスチック製のブラシは静電気が発生しやすいので髪を傷つけてしまうことがあります。

また、ブラシは使っているうちに汚れがつきますので定期的にきれいに洗浄しましょう。

②ブラッシングのしかた

よいブラシを使用した正しいブラッシングは、頭皮の血行を促進して栄養を行き渡らせる効果があるので、サラサラした髪を作るのに必須です。

ポイントは、丁寧にとかすことに他なりません。

髪の毛が絡まってしまったりした時に無理矢理にとかすことは絶対にタブーです。

髪の毛が絡まってしまった場合には絡まりを優しくほぐしてから溶かすようにすることです。

③ブラッシングの順序

必ず毛先からとかし、毛先がスムーズにとかせるのをしっかりと確認してから上から下へと髪の毛の流れに沿ってとかしていきます。

上から下へ丁寧にブラッシングすることで、キューティクルの向きを一定にすることができ、艶のあるサラサラ髪の要因になります。

4.頭皮のケア方法

髪の毛をサラサラにする日々のヘアケア方法の記事の説明用画像

健康的で綺麗な髪は良い頭皮環境が重要です。

どうしても頭皮環境が良くないと髪だけでなく、頭皮の乾燥や頭が痒くなってしまいます。

ここでは、頭皮環境を整えるためのマッサージ等をご紹介しますので日々のヘアケアに取り入れてみましょう。

自宅でもできるヘッドスパを紹介した「ヘッドスパで髪質改善! おうちで簡単にできるおすすめのやり方5選」の記事も参考に見てみてくださいね。

①頭皮の血行促進

頭皮の血流が良くないと毛髪が健やかに育つために必要な栄養素が行き渡らなくなってしまいます。

常に頭皮の血流をよくしておくことが大切です。健康な毛穴から健康な髪は育ちます。

頭皮の状態が良くなければ、いくら髪の毛に気を遣っても髪の調子も悪くなってしまいます。

かゆみを感じたり、フケが出るといった方はまずは頭皮の改善が必要です。

②頭皮のマッサージの方法

両手の指を熊手のイメージで開いて頭皮に当てる。

小さな円を描くように耳の上から頭のてっぺんへ、生え際から頭のてっぺんへ、下から上へ、マッサージすることがポイントです。

そして、頭皮を傷つけないように爪を立てずに優しくマッサージします。

ここまでは、髪の毛をサラサラにするために必要な洗い方、乾かし方、ブラシのしかた、頭皮のケア方法といった、髪そのものを上手にメンテナンスする方法と頭皮を良い状態にするためのケア方法をお伝えしてきました。

さらに、サラサラした美しい髪を手に入れて、さらに維持するためには、食生活や生活習慣を改善し体内から髪を美しくする方法も必要であることとその理由をお伝えします。



5.バランスの取れた食事

髪の毛をサラサラにする日々のヘアケア方法の記事の説明用画像

食事は綺麗でサラサラの髪を作るために非常に重要です。

ここでは、髪を作る栄養素をご紹介します。

また、どのような食べ物を食べればよいのかも簡単にご紹介していますので参考にしてみてくださいね。

髪に良い栄養素をまとめた記事「髪のダメージケアを助ける! 美しい髪を保つために良い食べ物、栄養素」もありますので参考にして見てくださいね。

①髪に必要な三大栄養素

髪を生成し健やかに保つために特に重要な栄養素はタンパク質、ビタミン、亜鉛です。

髪の毛のための三大栄養素と言われています。

バランスの取れた食事はサラサラの美しい髪の要因になるのです。

②三大栄養素を含んだ食品

タンパク質が含有されている食べ物・・・魚、肉、卵、納豆、豆腐、乳製品。

ビタミン類が含有されている食べ物・・・チーズ、卵、豆類、豆腐、果物。

亜鉛が含有されている食べ物・・・レバー、アーモンド、貝類、うなぎ、納豆。

6.生活習慣の見直し

髪の毛をサラサラにする日々のヘアケア方法の記事の説明用画像

睡眠不足やストレスは髪にとって天敵です。

髪が乾燥してパサパサになったりするので、綺麗なサラサラの髪を目指す人にとっては真逆の髪になってしまいます。

せっかく日々のヘアケアを心がけて行っているのでここで台無しにしないように注意が必要です。

①規則正しい質の良い睡眠

髪は夜の間にもっとも育ちます。

ですから質の良い睡眠をしっかりととることが重要です。

早寝早起きで規則正しく充分な睡眠を確保しましょう。

②生活習慣の乱れは髪質の乱れ

栄養の偏りや睡眠不足、ストレスといった生活習慣の乱れは髪の毛のパサつきにダイレクトにつながります。

生活習慣の改善は髪の改善に大きくかかわることを忘れないでください。

③紫外線対策

紫外線を浴び続けることは髪の毛にダメージを与えることとなります。

日ごろから注意が必要です。

このように、サラサラした美しい髪のためには、髪や頭皮のケア以外にも重要なポイントがあるのです。

おわりに

髪の毛をサラサラにする日々のヘアケア方法の記事の説明用画像

最後に、サラサラした美しい髪の毛に必要なことを整理してみます。

  • シャンプーの前のブラッシングで髪の絡まりをとかす。
  • まずはお湯だけで頭皮を揉み洗いして皮脂を落とす。
  • 良いシャンプーで頭皮を優しく揉み洗いする。
  • コンディショナーを髪に揉み込み、充分に洗い流す。
  • タオルドライで髪の水分を拭ってからトリートメントをする。
  • ドライヤーは離れた位置から高温を避け、冷風で冷やすのが正しい乾かし方。
  • ブラシは良いものを選ぶ。

ポイントは、それぞれの工程ごとに髪をとかすことと、髪に何かをつけたらお湯でしっかりと洗い流すことの2点です。

そして、食事や睡眠を中心とした生活習慣を改善して、体内からもサラサラの髪の毛に必要なケアをすることが大切です。

いずれも、当たり前の方法を当たり前に実行するという決して難しいことではありません。

毎日継続することが大切なのです。

それでは、日々の習慣で美しいさらさらの髪を作り上げていきましょう。



☆lineで新着情報をお届けします☆ 登録お願いします!!