hairi

白髪予防は若い頃からも必要! 今からできる白髪予防の方法とは?

約 7 分

黒くて美しい髪の毛は、女性をとても美しく、健康的に見せてくれますが、白い髪が混じってくると、老けた印象やずぼらな印象になってしまうことが多く、気になるものです。

白髪は自然な老化現象ではありますが、予防や改善ができないわけではなく、気を付けることで健康的な黒髪を維持することができる可能性があります。

ストレスや食生活などが原因になっている場合もあるため、白髪になる理由を知ることで、対策をすることができるため、黒くて美しい髪の毛をキープしたり、進行を穏やかにすることが期待できます。

若いうちから対策をすることで、若々しさを保つことができるだけでなく、健康な髪の毛づくりにも役立つので、美しい髪の毛になることも期待できます。

白髪になる理由をまずは知ろう!

白髪予防の方法の記事の説明用画像

黒くて美しい髪の毛は、女性にとってどんなアクセサリーやメイク、ファッションよりもその人の美しさを際立たせ、若々しく健康的な印象を与える大切なものです。

ある日、突然髪の毛に白いものが混じっていることに気づいてショックを受けたり、徐々に白髪が増えていくことにため息をついたりしているばかりではなく、予防することを考えるために、白髪になってしまう理由を知ることは大切です。

白髪の原因の一つ、メラニン色素とは?

白髪は、頭皮が黒い色のメラニン色素を十分に作ることができなくなることが原因で生じます。

もともと、髪の毛が黒い若い人や子供でも、出来立ての髪の毛には色素がなく、透明感があるのですが、メラニン色素が混ざることで黒くなります。

その人のメラニン色素によって髪の毛の色が決まるため、恋黒色の人や茶色や赤みがかった黒色の人など、人によって髪の毛の色が異なります。

メラニン色素を十分に作り出すことができず、足りなくても色をつけることができないので、白いまま伸びてきてしまうというわけです。

メラノサイトという細胞を知ろう!

メラニン色素は、メラノサイトという細胞で作られています。

メラノサイトという細胞で、メラニン色素を作るときに大切なのがチロシナーゼという酵素の働きです。

メラノサイトとチロシナーゼは、両方が十分に働くことが大切で、どちらか一方でも働きが低下すると白髪になってしまいます。

メラノサイトの機能が低下する理由は、従来は遺伝や加齢と言われており、仕方がないものと考えられていましたが、最近は、食生活やストレス、不規則な生活なども頭皮のメラノサイトの機能低下の理由になっていることが分かってきているため、対策をすることが大切だと言われるようになってきました。

白髪予防で気をつけること

白髪予防の方法の記事の説明用画像

髪の毛の黒い色のもとになるメラニン色素は、毛根と頭皮に十分に栄養が供給されていなければ十分に作り出すことができません。

病気になって栄養状態が悪くなっている人や食べることを忘れてしまうほど苦労している人などに、急に白髪が増えてしまうのは、栄養不足が原因のひとつです。

特に、ミネラルは、メラニン色素を作る場合に必要なチロシナーゼという酵素が働くために大変重要な役割を果たしています。

体重を大幅に減らすための過酷なダイエットやバランスが悪く偏った食生活などを続けていると、頭皮のメラノサイトがメラニン色素を作り出すために必要な栄養素が不足するため、生まれたての髪の毛に入り込むメラニン色素が不足して、白いまま伸びてしまうことになります。

栄養を十分に摂取していても、血液が不足していたり、血行が悪かったりすると栄養素が血液によって運ばれなくなってしまうため、頭皮にある孟母細胞やメラニン色素が栄養不良に陥ってしまいます。

血液には栄養が豊富に含まれているため、髪の毛は血液で作られていると言ってもよいほど、健康で黒く美しい髪の毛には血液が欠かせません。

髪の毛は、人間の生命を維持するために直接かかわりがないため、生命を維持するために必要な臓器や粘膜などの働きや修復などに先に血液が使われる傾向があります。

髪の毛を作ったり、髪の毛に色を与えるために使われる血液は、後回しになってしまうため、栄養不足を放っておくと白髪になりやすくなります。

不規則な生活や睡眠不足など、日ごろの生活習慣の乱れは、自律神経のバランスを乱し、成長ホルモンの分泌や全身の血行にも影響します。

自律神経のバランスが乱れることで、新陳代謝や血行が悪くなり、白髪の原因になります。

ストレスが多いと白髪になりやすいことはよく知られており、髪の毛が急に白くなった人は、苦労していると思われることが多く、実際、ストレスが多い生活を続けたり、強いショックを受けたことがストレスになったりしたことで、白髪が急に増えた経験をしたことがある人もたくさんいます。

ストレスも、睡眠不足や不規則な生活と同様に、自律神経のバランスを乱してしまう原因になるので、新陳代謝や血行が悪くなり、メラノサイトや毛母細胞の働きに影響します。

白髪は、自分では変えることができない遺伝的な要因や加齢が原因になっていることもありますが、栄養不足や寝不足、不規則な生活、ストレスなどが理由になってメラノサイトや酵素、毛母細胞の働きが低下していることでも生じます。

生活習慣や食生活などに気を付けることが対策になることが多く、色だけでなく、髪の毛の太さや艶などにもかかわってくるため、若いうちからできることを行うなど気を付けることで、黒くて美しい髪を、長い間楽しむことができる可能性が高まります。

頭皮環境の悪化も、血行不良や細胞の働きなどに関係するため、地肌の毛穴に皮脂が詰まっていたり、乾燥してふけやかゆみがあったりすると、肌のターンオーバーが乱れ、肌が自分自身を守るバリア機能が低下してしまいがちになります。

刺激を受けやすく、トラブルを起こしやすい地肌は、メラノサイトや毛母細胞の働きが衰えやすくなると言われています。

血行が悪くなり、栄養不足に陥ることが、白髪になってしまう大きな理由のひとつです。

白髪を予防したり、改善したりするための対策としては、髪の毛の色であるメラニン色素を十分に作り出すためにメラノサイトに質の良い栄養を運ぶことが大切です。

メラノサイトが元気に働くために大切なことは、バランスが良く栄養がたっぷりの食生活や質の良い睡眠、規則正しい生活習慣など、体が健康になることに気を付けることです。

栄養がしっかりと補給され、血行が良い体になることが、黒く美しい髪の毛を作り出すための効果的な対策になります。

若々しく、元気なメラノサイトを維持するためには、たっぷりの野菜やミネラルの多い海藻類、良質なたんぱく質などをバランスよく摂取することがポイントです。

生野菜を食べると、野菜に含まれている栄養や水分を丸ごと取り入れることができます。

ビタミンやミネラルはもちろん、人間の体の70%が水分でできているため、良質な水を野菜から摂取することは体をクリーンに保ったり、めぐりをよくしたりするためにおすすめです。

人工甘味料や化学調味料、保存料など体に必要がない成分をなるべく含まない味噌や醤油、塩など伝統的な調味料にこだわることもおすすめです。

効率よく栄養を摂取するためには、体のリズムと食事を合わせることも大切です。

食べ物の消化と栄養の吸収、老廃物の排泄をスムーズに行うことで、体の基本的な働きのリズムが整い、スムーズに栄養を補給することができるようになってくるため、消化が良く、エネルギーを補給できるフルーツなどの朝食とたんぱく質やビタミン、ミネラルをたっぷりと補給できる昼食と夕食を心掛け、夜遅くには余計な物を食べずにしっかりと消化吸収することができるようたっぷりと質の良い睡眠をとることが、白髪の予防のためにおすすめです。

髪の毛は、デリケートで、栄養不足だけでなく、心身の不調の影響も受けやすい部分です。

規則正しい生活を送り、特にしっかりと睡眠をとることで、自律神経のバランスを保ち、新陳代謝や血行を改善することができます。

また、運動不足を解消することも血行促進や自律神経を整えて、白髪を予防するために大切なので、運動不足が気になる人は、ウォーキングやストレッチなど、気軽に行うことができる軽い運動を習慣づけることをおすすめします。

日常生活の中で、ストレスがたまる原因を取り除くことは難しいかもしれませんが、ストレスを上手に発散することができるような楽しみを見つけることも白髪を予防するために欠かせないことです。

髪に必要な栄養素を紹介した記事、「髪のダメージケアを助ける! 美しい髪を保つために良い食べ物、栄養素」も参考にしてみてくださいね。

おわりに

白髪予防の方法の記事の説明用画像

白髪は、栄養不足や血行不良が原因になることが分かりました。

栄養不足や血行不良を引き起こす理由になる偏った食生活や過度なダイエット、ストレスや血行不良などの対策をすることが、予防につながります。

髪の毛は、生命を維持するために重要な臓器などの次に、血液が使われるので、栄養がたっぷりと含まれている血液のめぐりをよくするためには、体が健康になるように、バランスの取れた食生活や質の良い睡眠、ストレスの緩和など、日ごろの生活を見直すことが効果的なので、健康的な生活を心掛けてみましょう。

☆lineで新着情報をお届けします☆ 登録お願いします!!